Android Oneスマホ、HTC・パナソニックなども参加し販売地域を拡大へ

 米・Googleはインドで開催したプレスカンファレンスにて、Android Oneプロジェクトを拡大・拡充する事を発表しました。

インドにてAndroid Oneスマートフォンの発売を発表したGoogleは、インド以外の新興国にもプロジェクトを広げていく。

バングラデシュやフィリピンにも、参加企業はHTCやPanasonicなど

 9月16日からインド市場にて発売を開始する100ドル(約1万円)のAndroid Oneスマートフォンは、今後、バングラデシュ・ネパール・スリランカ・パキスタン、インドネシア・フィリピンでも発売する。

Android Oneスマートフォンを製造するモバイルメーカーも大幅に増え、台湾のAcerHTCASUSTeK、中国のLenovo・TCL、日本企業のPanasonicがパートナーシップを組む事が判明。

この他、インドメーカーのIntex・Lava・XOLOも参加し、多くの新興国で100ドル程のAndroid Oneスマートフォンを投下する。なお、製造端末のチップセットはQualcomm製となります。

同日のプレスカンファレンスでは、同内容の他、インド市場に3種類のAndroid Oneスマートフォン投下を正式発表されました。

Source・Via:BBC News

Sponsored Links