日本郵便、格安スマホ市場に参戦か?狙いは地方の高齢者層?

手紙のやり取りや年賀状の発送数減少を、スマートフォン事業で打開する…?!

時事通信や複数の国内メディアは、物流大手・日本郵便が2015年内に「格安スマホ市場」に参入する可能性を伝えています。

「日本郵便」スマホ市場参入で新規事業開拓、地域密着型サービスを展開?

 国内の格安スマホ市場は既にイオンやヨドバシカメラなどの大手量販店などが参入し、業界全体のレッドオーシャン化をささやかれている市場でもあります。

日本郵便では2015年からのSIMフリー義務化実施時期を狙い、その同時期に市場参入に動く可能性を指摘され、全国2万4000の郵便局ネットワークを最大限に活用した戦略になると見込まれています。


【img via:noramba.net

また、日本郵便スマートフォン事業に進出する理由として、手紙のやり取り/年賀状の発送数減少が続く近年のインターネット・高機能携帯電話普及に合わせた事業に着手し、新規事業の開拓を狙っていくという見方もある。

格安スマホ市場はこれまで、様々な企業が参入しているものの、全体的な契約数の増加に至って居ない現状があります。その為、日本郵便では “地方の高齢者層” を狙った地域密着型サービスの展開などを見込まれている他、同社は2015年に株式上場する計画も進めており、収益源の多様化を進めています。

Source:時事通信

Sponsored Links