中国・HUAWEI、指紋認証・LTE対応スマホ Ascend Mate7 を12月に日本発売

 中国メーカー・Huawei Technologies(華為技術=ファーウェイ)は、6インチのフルHDディスプレイ採用の「HUAWEI Ascend Mate7(HUAWEI MT7)」を日本で発売する。

「Ascend Mate7 」LTE UE Category 6に対応、指紋認証センサーを搭載

 Ascend Mateシリーズは、HUAWEIのグローバル向けモデルで、同社のフラッグシップスマートフォンです。

OSにはAndroid 4.4. Kitkatを採用し、独自ユーザインターフェース・Emotion UI 3.0を搭載しています。スペック内容は次の通り。


・ディスプレイ:6.0インチ FHD(1080×1920) IPS-NEO液晶
・CPU:Hisilicon Kirin 925(ARM Cortex-A15 1.8GHz、ARM Cortex-A7 1.3GHz)
・メモリ / ストレージ:2GB RAM / 16GB ROM
・カメラ:背面1300万画素CMOS、前面500万画素CMOS
・バッテリー:4100mAh
・OS:Android 4.4 Kitkat(Emotion UI 3.0)
・その他:Bluetooth 4.0、無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)、NFC

LTE UE Category 6に対応しており、対応SIMカードはMicro SIM 3FFサイズとなる。特徴は金属ボディ設計で背面に指紋認証センサーを搭載したセキュリティ機能を活用可能。

カラーバリエーションはブラック・シルバーの2色。日本国内では12月よりU-NEXTや国内の仮想移動体通信事業者(MVNO)、家電量販店などで発売される。

Sponsored Links