日本気象がGoogle Glass向け「お天気アプリ」を開発!無料リリースへ

 日本気象は6月26日、米グーグルがリリース予定のメガネ型ウェアラブル「Google Glass」の専用アプリ「雨降りアラートGlass - お天気ナビゲータ」を開発した事を発表した。

雨降りアラートGlass」は日本気象株式会社BRILLIANTSERVICE USA LLCの共同開発。今後、Google Glass向けアプリストアの正式的な一般公開に合わせて、無料でリリースする予定だという。

今回、開発された雨降りアラートGlassの主な特徴は以下に引用して紹介します。


・雨雲の接近をお知らせ
現在地の5km以内に雨雲が近づくと、骨伝導スピーカーを使った通知音声とメッセージ表示でお知らせします。※その後は1km近付く(または離れる)ごとにお知らせします。

・ホーム画面
雨雲までの距離を1km~5km、雨の強さを4段階(パラパラ雨、小雨、本降り、土砂降り)で表示します。

・レーダー画面
現在地周辺の雨雲レーダーを表示。どこに雨雲があるかひと目で分かります。Google Glass向けアプリ…|日本気象株式会社

また、Google Glass専用アプリのため、作業をしながら、スポーツ中にスマートフォンを取り出さなくても、ハンズフリーで簡単にリアルタイムな天候情報を確認できる。他にもグラス機能の骨伝導スピーカーを使った音声で、雨雲までの距離も通知する事ができます。

Google Glassは、米国以外でもベータ版が一般発売されていますが、正式的な一般発売は未だ不明。しかし、2014年度中の一般発売がささやかれており、一足早いGlassユーザーの方でも「雨降りアラートGlass」で日々の天候状況確認も安心しておこなえる様になる事でしょう

Sponsored Links