iWatch 年内出荷数は300万台、サファイアガラス搭載モデルは半数程度か

 Appleの新製品情報や内部事情に詳しいアナリスト・Ming-Chi Kuo氏は、Appleのウェアラブル「iWatch」に関する情報を投資家らに提示したという。

それによると、Apple製スマートウォッチの「iWatch」は、年内に300万台程度限定で出荷される可能性があるという。

「iWatch」、300万台限定生産の理由は生産開始の遅れ

 Apple社iPhone 6の5.5インチモデルの生産が遅れるという情報が出回っているが、どうやらiWatchに関しても生産に遅れが生じる模様です。

Kuo氏の話によれば、Appleは2014年中に500万から1000万台のiWatchを用意する予定だと見られていましたが、ここに来て生産開始が遅れ、年内度中は予定よりも少なく、300万台程度の用意になるという。

また、iWatchは複数モデル用意されている事から、サファイアガラス搭載モデルは300万台の中の半数程度になるという見方があります。同氏はサファイアガラス搭載モデルの生産にも問題が起きていると指摘。

Kuo氏が実際に確認を取った情報によれば、サファイアガラス搭載モデルの生産が予定よりも間に合わず、台湾メーカー・TPKがタッチモジュールを供給、アクティブマトリクス式有機ELの提供は韓国・LG Displayがおこなうとのことです。

この情報が正しい場合、年内度中にiWatchを手に入れようと考えている方は早めに購入した方が良いのかもしれません。特にサファイアガラス搭載モデルも早い方が良いでしょう…

Source・Image:Apple Insider

Sponsored Links