ZTE、Blade Vec 4Gなどスマートフォンに、Google Nowランチャーを標準搭載

 7月18日、中国ZTEは今後発売するスマートフォンに「Google Nowランチャー」を標準搭載させることを発表。

その第一弾として「ZTE Blade Vec 4G」が正式発表されました。Google Nowランチャーの標準ホームアプリは、NexusGoogle Play Edition以外では初めての事となる。

「Google Nowランチャー」標準スマートフォンを複数発売へ

ZTEは「ZTE Blade Vec 4G」を皮切りに、今後リリースする複数のスマートフォン端末にGoogle Nowランチャーを標準搭載するという。

Google Nowランチャーは、GoogleブランドであるNexusGoogle Play Editionでも標準搭載されており、それ以外では「ZTE Blade Vec 4G」が世界で初めとなります。

Google NowランチャーGoogleが作成したAndroid用のホームアプリ。ホーム画面をスワイプすると「Google Nowパネル」が表示されるほか、「OK,Google」の音声コマンドで音声検索を利用できるなどの特徴があるホーム機能。

ZTEは、搭載するGoogle Nowランチャーについて同じ様に「視覚的で魅力的」、「Google Nowに素早くアクセス」「”OK Google”機能」などとコメントしています。

同社はこれまで、自社のホームUI「Mifavor UI」を搭載していましたが、今後は「Google Nowランチャー」を積極的に標準搭載する。今回の動きに関し、ZETはGoogleとの密接な連携を進めていたという。

ZTE Blade Vec 4Gは、LTE仕様でAndroid 4.4 KItKatとSnapdragon 400プロセッサを搭載。7月24日に発表され、主に中国・欧州で発売される見通しです。日本事業のZTE Japanでは子供用スマートフォンなどを手掛けている。

Source・Image:ZTE

Sponsored Links