iPhoneのTouch ID、指紋に加え指を置く方向も重要になるかも

iPhoneの指紋認証機能「Touch ID」は、更に鍵としての機能を高めるかも。

米Appleは、iPhone5s・iPhone6/6 Plusシリーズに搭載されているTouch ID」に関する新たな特許を申請した事が分かりました。

「Touch ID」指紋認証機能に加え “指を置く方向” の要素も採用か

 米国メディアMacRumorsでは、今回の特許では、Touch IDは更に鍵(セキュリティ)としての機能を高め “ダイヤル式の鍵” の様な存在になると伝えています。

これまで「Touch ID」の技術に関して、まだまだロック解除に弱点があると指摘され続けており、指紋認証システムは完璧ではないとの見方が多く存在している現状にあります。

Appleはこれらのロック解除方法に、新たなシステムを採用し、新特許では現在の指紋認証機能に加え “指を置く方向” の要素もシステム解除のひとつに組み込もうとしている様です。

既に米国ではモバイル決済機能Apple Payが稼働しており、更なるロック解除性能の向上を目指し、セキュリティ強化を計画している可能性も高くあります。今後、Touch IDの利用法も変わってくるのかもしれません。

Source・Via:MacRumors

Sponsored Links