次期iPad Air2とiPad mini Retina、反射防止に優れ見やすいらしい!発売は9月以降

 米・Appleのサプライヤーは、次期iPad AiriPad mini Retinaモデルの製造を加速させていると大手海外メディアが伝えています。

噂通りAppleは現在、iPad Air2iPad mini2(iPad mini Retina)の量産を開始しているそうです。なお、iPad Air 2は9.7インチ、iPad mini Retinaは7.9インチディスプレイとなる。

ARコーティング加工で、9月〜10月にリリース予定

 海外メディアでは以前から現在まで、iPad Air2は製造が既に進められており、9月または10月初めには発売を計画していると報じています。

次期iPad mini Retinaモデルは間もなく量産に向け製造が開始される予定で、9月9日にAppleがおこなうであろう新製品カンファレンスで発表または後日にアナウンスされる可能性が高いという。

現在製造をおこなっている上記2モデルの次期iPadは、新しい技術も採用されており、ディスプレイにARコーティングが施されていると言います。ARコーティングをおこなう事により、反射防止処理が向上、より見やすいディスプレイになっているとの事…!

この他、iPad Air2iPad mini2(iPad mini Retina)は最新のA8プロセッサーやTouch IDセンサ搭載などの情報も上がっています。

Source・Image:Apple InsiderMac Rumors

Sponsored Links