iPad Air2、デザインや一部スペックが社内からリーク!薄型化・ゴールドカラー提供へ

 海外サイト・The Michael Reportは、Apple内の関係者から第2世代iPad Air「iPad Air2(仮称)」の製品写真やイラストを手に入れた事を報告しています。

なお、同サイトでは情報提供者の身柄の関係もあり、文章のみで手に入れた「iPad Air2」の製品情報を伝えている。それによると「iPad Air 2」のディスプレイにはiPhoneと同じサファイアラミネートを採用している。

3色展開・薄型化・Touch ID搭載は確実的に??

 製造メーカーはSamsungやLGなどが担当し、現行の「iPad Air」よりも薄型化を実現している可能性を伝えています。また、デバイスデザインは現行の「iPad Air」と変わらないものの、ミュート・回転スイッチが非搭載だという。

この他、リーク情報通り、スピーカーグリルが2列から1列に再設計。Touch IDが搭載し、耐久性を高めたデバイス設計になっているとの事。カラーバリエーションはiPhoneと同様の「ブラック・シルバー・ゴールド」が確認できた様です。

スペック内容は一部紹介しており、2GB RAM・「A8」プロセッサを採用し、バッテリー性能も向上。ストレージは32GB・64GB・128GBモデルが用意される見込みで、背面カメラは800万画素へアップグレードされている。

なお、12.9インチの大型iPadモデル「iPad Pro」の情報に関しては、現時点で手に入れる事ができず、その話自体が挙がっていないとも指摘しています。となると、今月10月に発表される新型iPadは「iPad Air 2・新型iPad mini」のみとなる可能性があります。

Sponsored Links