HTC、LTE対応の新モデル「HTC Desire 510」を正式発表!アジアと欧州地域で発売へ

 台湾メーカーのHTCは8月27日、 HTC Desireシリーズの新モデル「HTC Desire 510」を正式発表しました。

HTC Desire 510は最新の高性能プロセッサ「Qualcomm Snapdragon 410」を搭載したLTE対応のスマートフォンとなります。

64bitプロセッサを初搭載のHTCモデル、発売は欧州・アジアにて

 Desire 510は、4.7インチの液晶ディスプレイを搭載し、Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサを採用したミッドレンジクラスのスマートフォン。主なスペックは以下の通りとなっています。


・ディスプレイ:4.7インチ(800×480)
・CPU:Snapdragon 410 (MSM8916)1.2GHz クアッドコア
・カメラ:500万画素、前面30万画素
・メモリ、ストレージ: 1GB、8GB(Micro SD 最大 128GB)
・サイズ:139.9 x 69.8 x 9.99mm、質量158g
・OS: Android 4.4 KitKat
・バッテリー容量:2100mAh
・通信、その他:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA、GPS/GLONASS、GSM/WCDMA/LTE(Micro SIM)

この他、HTCの独自機能でもある「HTC Sense BlinkFeed」などが利用可能。搭載している「Snapdragon 410」は、ARMv8対応Cortex-A53コアで、64bitプロセッサとなる。

カラーバリエーションはテラホワイト・メリディアングレーの2色。現時点で価格は未定ですが、欧州とアジア地域での発売を予定しています。

Source・Via:HTC – HTC Desire 510

Sponsored Links