SoftbankとSprint、SONY製スマートフォン Xperia Z3を日米にて取り扱う見通し

 Sony Mobile製スマートフォンの次期フラッグシップモデル「Xperia Z3」が今冬、NTTドコモ・KDDIに続きSoftbnakでも取り扱われる見通しです。

ロイター通信が報じた情報によると、SoftBankは傘下の米国キャリア・Sprintと共にSONYの新型スマートフォンを日米において発売する計画であるという。

SoftBank・Sony Mobile、市場戦略へ大きな後押しに

 情報が事実であれば次期フラッグシップモデル「Xperia Z3」は、国内の3大キャリアから提供されるスマートフォン製品となります。

SoftBankSONY Xperiaシリーズを提供するのは(旧Vodafone・EMOBILEを省いて)これが初の取り組みとなる。同時に、ロイターでは米国圏内でのXperia Z3提供に関しても伝え、SoftBank傘下のSprintによる「Xperiaシリーズ」の米国市場投下を予想しています。

この動きはSony Mobileにとっても、アジア圏での展開以上に懸念されていた米国市場戦略の大きな後押しとなる動きだと言えます。

ただし、米国でもAppleブランド・iPhoneやSamsungのGALAXYスマートフォンが大きくシェアを獲得しているため、Sony Mobileにとっては今後の米国戦略が更に重要になっていく事でしょう。

Source・Via:Reuters

Sponsored Links