Uber、ハイヤーサービスに加え都内全域でタクシー手配「uberTAXI」を開始

 Uber Japanは8月5日、スマートフォンアプリを使ってタクシーを即時手配するサービス「uberTAXI」及び「uberTAXILUX」を発表・サービスを開始した。

Uber Japanは米・Uber Technologiesの日本法人。同社はこれまで、スマートフォンから手配できるハイヤーサービス「UberBLACK」を国内の一部都心エリアを限定に提供していました。

都内全域にて、既存業者の空車タクシーとユーザーをマッチング

 Uberは現在、世界42カ国158都市でサービスを展開。今回、都内全域でサービスを始める「uberTAXI」はアジア初、「uberTAXILUX」は世界初の試みとなります。

サービス内容は既存のタクシー事業者と提携を図っていく計画で、主に手配アプリを活用したタクシー利用における、ユーザーとタクシー運転手を結ぶ仲介業者的なサービスを「uberTAXI」で展開する。

uberTAXILUXでは、Uberの売りである高級車に限ったタクシー手配をおこなう。Uber Japanでは既存のタクシー業者との連携以外にも、個人タクシーとのパートナー契約を行なっていく計画もあるという。

Uberの都内展開はこれまで、渋谷・六本木・山手線といった一部都心のみのサービス提供でしたが「uberTAXI」の提供で、都内全域をカバーすることが可能になります。Uber Japanが今後、東京以外の国内都市において、同サービスを展開する可能性も自然と高まっていくことでしょう。

【Uberスマートフォンアプリはコチラ ▶ Google Play / App Store / Windows Phone
Source・Image:Uber

Sponsored Links