Twitter、ソーシャルEC機能を2014年内に実装?ツイートからショッピング体験を提供

 Twitterが独自のソーシャルEC機能を実装するという噂が流れていましたが、主要メディア・Re/codeが米国時間8月23日、改めて報じています。

Re/codeは独自の情報筋からTwitterのソーシャルECに関して情報を手に入れたとの事、Twitter社はサービス内に「Buy」ボタンを込み込む計画が判明しました。

Twitter、140文字のショッピング体験を提供へ

 実装予定の機能は、ショッピングをTwitterのサービス内で完結できる様にする仕組みらしく、既に決済サービスのStripe社と提携を行なっています。

ユーザーは、Twitterで紹介されているアイテムと共に一緒に設置された「Buy」ボタンをクリック。支払い・発送情報を入力し、そのまま商品を購入する仕組みだという。

代金は自前に登録しておいたStripeの決済システムから引き落とされ、ユーザーはTwitterから直接的なショッピング体験が可能になります。

ソーシャルECは今後も成長が期待される分野であり、Twitterは自社のサービスプラットフォーム内をマーケットプレイス(取引市場)に成長させたいのだと考えられます。

なお、海外の複数メディアがTwitterStripe社に取材をおこなった様ですが、コメントは一切得られていないという。

Source・Via:Re/codeBasic Thinking

Sponsored Links