HTC、Android Wear端末「HTC CWZ・HTC WWY」を開発中!日本市場にも投入へ

 台湾メーカー・HTCはスマートウォッチ製品の「HTC CWZ」「HTC WWY」を開発中であることを、有名リーカー「@upleaks」がTwitterにて伝えています。

それによると、HTC CWZはAndroid Wear (4.4W)を採用したスマートウォッチ端末であるという。

HTC製Android Wear、北米や欧州・日本を含むアジア圏でも発売へ

 HTCでは開発中のスマートウォッチ(腕時計型ウェアラブル)を、北米・欧州・中東・アフリカ・ブラジル・アジア(日本・台湾・韓国)にて発売を計画しているという。

現時点で発売時期は2014年9月になるだろうと海外メディアが報じています。また「HTC WWY」は約1.8インチ(解像度32×160ピクセル)のディスプレイを採用。

電池パックは100mAhで、IP57の防水性能を備えたフィットネス向けトラッカーにもなるデバイスだという。両デバイスは2014年9月頃の発売を予定し、IFA 2014にて詳細情報が発表される見通しです。

なお、IFA 2014では他にもASUS製のAndroid Wear「ZenWatch」やLGの「LG G Watch R」が製品のお披露目を計画しています。

Source・Via:@upleaksAndroid Headlines

Sponsored Links