心拍計センサー内蔵・高音質ヘッドフォンが登場!Intel・SMS Audioが共同開発

 米・Intelは米国時間8月14日、フィットネス向けのウェアラブル型インイヤーヘッドフォン「SMS Audio BioSport In-Ear Headphones(powered by Intel)」を発表しました。

同ヘッドフォン製品は、米・IntelSMS Audioの共同開発製品。フィットネス系モバイルアプリとの同期がおこなえます。

高音質・高機能ヘッドフォン、発売は今年10月に米国から提供予定

 SMS Audio BioSport In-Ear Headphones通称・BioSportはイヤーチップ部分に各種センサーを搭載。センサは「バイオメトリックセンサー」で正確な心拍数などのデータを測定できます。

データは提供されるアプリ「RunKeeper」で管理可能ですが、今後、他のフィットネス系アプリへも対応していく見込みだと言う。

BioSportは高音質・高機能ヘッドフォンを目指し、SMS AudioIntel共同開発。IPX4相当の防滴性能を備え、高音質の通話・音楽再生と正確なフィットネスデータの測定を利用者に提供する。

なお、最近のフィットネス系デバイスなどはBluetoothが標準採用されていますが、BioSportはBluetooth未対応。スマートフォンのヘッドホン端子に挿し込んで使用する形となります。

Bluetooth未対応に関して、Intelでは「誰でも手軽に使えること」を考え、デジタルデバイスに乏しいユーザーも使用できるように設計したと説明しています。

現時点で発売は2014年10月以降を予定。まずは米国国内での提供が決まっており、価格については未公開。カラーバリエーションはブルー・イエロー・グレー・ピンクの4色展開となります。

Source・Imgae:IntelMashable

Sponsored Links