Google Glassの開発総括者・Babak Parviz氏がAmazonに移籍

 米CNETによると現地時間の7月14日、Googleのメガネ型ウェアラブル・デバイス「Google Glass」の開発統括者を勤めていたBabak Parviz氏がAmazonに転職したことが分かった。

Babak Parviz氏は自身のGoogle+ページにて、Amazonへ転職した事について投稿しています。

Amazonにてハードウェア開発に注力か

 投稿した自身のGoogle+ページでは、Babak Parviz氏は11日にGoogleを退社し、すでにAmazonで働いている事が分かっています。

同氏はGoogleにて、開発統括者としてGoogle Glassの開発チームを率いており、また別プロジェクトの血糖値測定機能を備えたコンタクトレンズの取り組みも主導していた。移籍したAmazonでは引き続き、デバイスなどのハードウェア開発に注力していくと見られています。


Parviz氏はCNETへの電子メールで、「移籍の主な理由は、Amazonで成し遂げられるかもしれないことに胸が躍ったことだ」と語った。「Google Glass」開発…|CNET Japan

Amazon社では近年、電子書籍リーダーのKndleやタブレットの他にも、3DスマートフォンのFirePhoneやテレビデバイスのセットトップボックスを開発している。Babak Parviz氏はそれらAmazonのハードウェア開発部門で活躍すると考えられています。

Googleにて先進的なデバイスを開発統括してきたBabak Parviz氏、今後、Amazonでどのようなものを作り上げていくのか、気になるところです。

Source・Image:CNETBabak Parviz(Flickr)

Sponsored Links