グーグルの衛星事業計画 人工衛星とドローンで地球をオンラインカバーする??

 グーグルが衛星事業に10億ドル(約1000億円)強を投資する見通しである。地球の3分の2はネット接続が不可能。以前からグーグルが目標としていた世界全体へのインターネット接続を可能にしていく。

これまで試験的におこなっていた、様々なオンライン網拡大のためのプロジェクトや取り組みを大幅に進めていく計画であることを「The Wall Street Journal」が報じた。

現在計画されているというプロジェクトは小型の人工衛星を180基、低い高度で軌道に乗せ、これらを宇宙空間上で拡大し、ネットワークを繋げる。また、グーグルは既に、衛星分野のチーム結成のため、衛星通信・衛星製造の大物技術者などが雇用し、更に多くの技術者を迎え入れる準備を進めているという。

小型の人工衛星とドローン機で広範囲をオンラインカバーする??

 グーグルは以前から、飛行機よりも上空の高高度で浮遊するバルーンを打ち上げ、それらを繋げてネット接続を可能にさせる「Project Loon」を試験的に計画していた。

今年4月には、INTERNET.org計画を掲げるフェイスブック社が買収を試みていた「タイタン・エアロスペース」をグーグルが買収。タイタン・エアロスペースは太陽光発電で自動飛行する無人型ドローンを開発する企業だ。

グーグルは今後、衛星事業に10億ドルから30億ドル(約1000〜4000億円)の資金を注ぎ込むと予想されており、計画には法規制など、実に多くの障害を克服していかなければならないと言われている。

また、衛星技術・開発業界の関係者からは、計画の実現には200億ドル以上の費用が必要になってくるという見方もされています。グーグルのこれからの衛星事業の取り組みについては、米・Wall Street Journal紙では以下の用に予想されています。


「Project Loonの気球は、そのうち、Titan社のドローンに置き換えられるだろう。そして、ドローンと人工衛星は補完し合う。ドローンは比較的狭い地域で大容量のサーヴィスを提供するのに適しており、人工衛星は需要の少ない地域を広範にカヴァーできる」

つまり、予想された計画では、小型の人工衛星とタイタン・エアロスペースの技術で培われたドローンをリンクさせ、様々な地形や地域に対応、広範囲に渡ってオンライン回線を提供することを可能にさせる計画性がある。

インターネット接続の拡大計画にはグーグルの他にも、フェイスブックなどが「INTERNET.org」を計画。最近の民間による宇宙事業に関しては、米スペースXが確実に技術を高めはじめている。

Sponsored Links