Google Glass、着々と「MyGlass」や体験スペース(Glass Basecamp)を日本人向けに対応か

 日本からのダウンロードが行なえなかったGoogle Playストア上のGoogle Glass用「MyGlass」ですが、どうやら8月6日時点でダウンロードが可能になっていた模様…。

MyGlassは、Googleが開発するGoogle Glass用アプリでメガネ型ウェアラブル「Google Glass」のセットアップ、接続管理・ミラーリング、機能(アプリ)追加をおこなう為のアプリです。

国内からダウンロード可能、Google Glass体験スペースも日本人に対応…?

 MyGlassは現在、日本のGoogle Playストアからもダウンロードが可能になっていますが、使用する場合は英語表示のままになっています。

しかし、今年4月には「写真撮って」「ビデオ撮って」「経路を検索」「電話かけて」などの100以上の日本語音声コマンドが登場。6月にはGoogle Playに「Google Glass日本向け販売ページ」が開設。

ただし、いずれも利用することは基本的に不可能となっています。また、8月23日(現地時間)にGoogleがアナウンスした「Google Glassの体験スペース(Glass Basecamp)」が存在。

現在、サンフランシスコ・ロサンゼルス・ニューヨーク・ロンドンの4ヶ所でこの「Glass Basecamp」が開設されているのですが、予約ページが米国・イギリス版の英語に加え、何故か日本語にも対応している。

実際に予約ページを進んでみると「ご都合のよい時間をお選びください。」との日本語ナビゲーションと共に、8月30日以降の指定日を予約する事ができ、日本語でサポートされる仕組みになっています。

また、「Glass Basecamp」ではデモ・フィッティング、サポート・購入/体験を選択するものとなっている為、日本人でも同体験スペースに行けばGoogle Glass(ベータ版)Googleから購入できる可能性がある…。

以前から日本でも「Google Glass」のExplorer展開は秒読みだと報じられてきていますが、これらの動きは日本国内での発売(Explorer展開)をおこなう兆候なのかもしれません。

Sponsored Links