Google、新たなライバルは「サメ」!? 地球4周分の海底ケーブルを食べられる

 米・Googleは現在、10万マイル(地球4周分)の専用光ファイバールートを海底から世界中に張り巡らせています。

この海底ケーブルを更に拡大していく大規模な計画ですが、どうやら数千マイル分を補強しなければならない事が判明。もちろん自社保有のため、補強も自社で行なっていかなければいけません。

グーグルの海底ケーブル、サメが魚と勘違い

 先週開催された「Google Cloud Roadshow」というイベントにて、海底ケーブルの補強が発表。どうやらサメがGoogleの海底ケーブル数千マイル分に噛み付き、キズを付けていたことが判明したそうです。

サメが海底ケーブルに噛み付くことに関して、海外メディアが専門家に質問したところ「ケーブルから出る微弱の電子インパルスが、サメがエサ(魚)だと感知する電流に似ている」可能性が高いという。

つまり、世界を繋ぐ大事な海底ケーブルはサメにとって魚に見え、思わず噛み付いてしまうという。海底ケーブルには強力な電流が流れているためGoogleのみならず、魚感覚でかぶりつくサメにとっても良くはない話…。

Googleは今後、ケーブルをコーティング補強する計画を立てているそうですが、補強をおこなっても微弱な電流は発生するそうです。しかし、はるかに強度が増すためGoogleとサメにとって、より安全で安心できるものになると説明しています。

Source・Imgae Via:The Guardian

Sponsored Links