不要のスマートフォンが ホームセキュリティになるガジェット「Rico」

 可愛い顔したホームセキュリティガジェット「Rico」が、米国・Kickstarterにて登場しています。

若干1万円のホームセキュリティ製品、機能を十分!

 「Rico」は使わなくなったスマートフォンを活用して使用するプラスティック素材のデバイス。内部にスマートフォンを内蔵でき、内蔵した「Rico」をWi-Fiで繋ぎホームセキュリティ端末として機能します。

この「Rico」はカメラや各種センサーを搭載し、カメラ撮影・録音・動作検知・煙探知、温度・湿度計測を可能にしたデバイスです。

手持ちのスマートフォンに専用アプリをダウンロードすることで連動活用でき、スマートフォンからリアルタイム映像を見れる他、外出中に室内の室温などをチェックできる。

また、深夜などに室内の動作を検知する他、煙・一酸化炭素を探知した場合、ユーザーのスマートフォンにアラート通知する事も可能で「Rico」のデータはクラウドで管理する。

Ricoに搭載できるスマートフォンは5.7インチ以下のスマートフォンとなり、Android2.2・iOS 6以上のスマートフォンとドッキングが可能。99ドル(約1万円)の出資でRicoが出荷され、139ドルの場合、Ricoと専用ソケットセットを入手できます。

ホームセキュリティの導入はお金が掛かるものですが、若干1万円のガジェットと不要のスマートフォンで十分、ホームセキュリティの役割を担ってくれそうな製品となっています。

Source・Via:Rico – kickstarter

Sponsored Links