FB Homeは失敗、Facebook Home開発チームは解散へ –––関係者が述べる

 米メディア「New York Times」の情報によると、Facebookが2013年にリリースした「Facebook Home」の開発チームが解散した事を分かった。

公式からのコメント等は今のところないのだが、関係者2名からの情報であり、Facebook Homeは2014年1月以降、一度もアップデートがおこなわれていない為、確信性が高い。

求められていなかった「Facebook Home」

 フェイスブック社が思っていた以上に、ユーザーはフェイスブックライフ(Facebook Home)を求めていなかった結果となった。Facebook Homeは、2013年初め、フェイスブック社のスマートフォン(Facebook Phone)開発の噂が飛び交っていた時に発表されたニューアプリ。

Facebook Homeは、よりハイエンドなスマートフォン向けにリリースされたアプリであり、ロック画面からフェイスブックと連動し、正にフェイスブックを使用する上で、ストレスフリーなフェイスブックライフを送れるアプリでした。

しかし、リリース後の利用率はいまひとつ。従来のフェイスブックアプリは利用され続ける一方、Facebook Homeの利用者数・利用頻度は伸び悩む結果となっていた。


Facebookの利用に特化したホームアプリ「Facebook Home」を2013年にリリースしていましたが、ユーザーの反応はいまいちで、ザッカーバーグCEOも「私が望んでいたような反応は得られなかった」と不振を認めていました。「Facebook Home」を放棄….|リンゲルブルーメン

 なお、今回のNew York Timesの情報に対し、フェイスブック社は否定している事も分かっています。また、Facebook Homeは現在もGoogle Playにて提供され続けている。

しかしながら、”Facebook Homeの新たな取り組みはおこなわれない(終わっている)ようだ”と報じられています。

Sponsored Links