Android Wear、文字盤開発やBluetoothとの連携などペアリングを強化へ

 米国メディア・CNETによると、GoogleAndroid Wearのアップデートを近いうちに提供する予定であり、様々な機能が追加されるという。

今後、Android WearはBluetooth連携の強化や他デバイスとのペアリング強化をおこなっていく見込みとなっています。

Google、サードパーティーによる文字盤の開発も

 9月はIFA 2014開催に伴い新たなAndroid Wearが複数登場する。LG G Watch RZen Watch・Moto360や、SONYSmartWatch 3にAndroid Waerを搭載していると噂されています。

Googleはこの期に乗じて、Android Wearの機能面強化に乗り出す計画を立てている模様。米CNETAndroid Wearの担当ディレクター・David Singleton氏に取材を行なっており、Wearのアップデートについて伝えている。

それによると、Android WearではGPSサポートを予定。GPSハードウェア完備のデバイスと連携でき、他デバイスとのペアリング機能も強化。Android Wearのデータがよりスマートフォンアプリと同期でき、新しい体験を提供できるとしています。

この他、David Singleton氏はサードパーティーによる文字盤の開発についても積極的な計画を立てているようで、素晴らしいものになっていくだろうとコメントしています。

Source・Via:CNET

Sponsored Links