iPhoneからエンジンスタート、テスラの電気自動車「Model S」が対応か

 米国の大手電気自動車メーカー・Tesla Motorsが、自社の電気自動車「Model S」にiPhoneからのエンジンスタート機能を搭載する可能性が浮上。

海外の複数メディアが報じている情報によると、Teslaは近いうちに大幅なファームウェアアップデートをおこなう予定だといい、iPhoneに関するプログラムが発見されたという。

Tesla、「iPhone」のTouch ID機能を活用か

 海外サイト・9to5macでは、Teslaのファームウェア「OS 6.0」アップデート版と思われる画像を公開し「車のエンジンをかけられる新機能」を見つけた事を伝えています。

同サイトでは、発見された機能は米・Appleの「iPhone 5s(iOS)」のTouch ID機能を活用したものだとしています。

Tesla Motorsは今年、Appleと極秘会談をおこなっていたことが判明しています。会談の中身は不明となっていますが、一部メディアでは買収関連もしくはソフトウェア関連の連携に関する会談であったと報じていました。

そのため、今回、次期ファームウェアアップデートで確認された「車のエンジンをかけられる新機能」は、AppleiOSと関係する可能性が高いとみられています。この情報は、早ければAppleのイベントがある9月中または10月に明らかとなるかもしれません。

Source・Image:9to5macCNET

Sponsored Links