HTCのスマートウォッチ端末、2015年初頭に発売か?Android Wearの可能性も

 発売計画の凍結を報じられていた台湾メーカー・HTCスマートウォッチ製品ですが、計画を再始動した可能性が浮上している。

米CNETの情報では、白紙になったHTC製スマートウォッチを再開発し、2015年初頭の発売を目指しているという。

HTC、スマートウォッチの発売を2015年へ。Android Wearの見込み

 HTC製スマートウォッチの情報は、これまで「HTC CWZ」「HTC WWY」が噂されており、OSにはAndroid Wearを搭載。日本を含めたグローバル市場での発売を報じられていました。

しかし、IFA 2014では発表されず、その後の情報では他社スマートウォッチと比較しWow(驚き・革新的)要素が無かったため、発表直後にスマートウォッチの計画を白紙にしたとの情報が出回っていました。

しかし、米CNETが新たに報じた情報では、HTCスマートウォッチ開発を再始動しており、当初計画の2014年秋頃の発売から、2015年初頭の発売に計画を修正したという。

情報提供者の話では「デザインのみならず、革新的な機能を含むことを目標にしている」との事。2015年初頭はAppleの「Apple Watch」がリリース予定のため、どの程度のWow要素を搭載しているのか、非常に気になるところです。

Source・Via:CNET@evleaks

Sponsored Links