iWatch 複数の画面サイズを用意し既に開発完了。医療機器としてFDAの承認待ち

 中国の情報サイト「Laoyaoba」は、米アップルによる「iWatch」開発は既に完了しているとの情報を報じた。現在は米国にて、FDA(米国食品医薬品局)の認証待ちとの事だ。

アップルが開発した「iWatch」は医療機器として、米・FDAの認証取得が必要だと報じている。また、Wall Street Journalの配信情報と同様に、「iWatch」は生体計測センサーなどのシステムが搭載されているという。

フィットネスデバイスとなる「iWatch」。複数のサイズを用意か

 米アップルは、WWDC 2014にて、新たなサービス「Health(ヘルス)」を発表。以前から噂されていたデジタル・フィットネス分野へ参入する事が分かった。

Health」ではiPhone端末とウェアラブルデバイス「iWatch」から運動・体内情報を収集するとされ、iWatchは搭載されたセンサーから心拍数、血圧、血糖などの体内データを感知する仕組みになっていると考えられています。

また、アップルは自社のスマートウォッチ端末に関して、複数のサイズを用意し、サムスンやグーグルのスマートウォッチ型ウェアラブルに対抗すると関係者の話で分かっている。


事情に詳しい関係者によると、アップルはこのスマートウオッチに複数の画面サイズを用意する公算が大きい。部品供給メーカーの別の人物は、年内に出荷するスマートウオッチ台数は計1000万〜1500万台になる見通しだと語った。アップル、スマートウオッチ…| WSJ.com

 米アップルは現在、米・FDAの製品承認を待ち、大量生産に向けた体制に入るとみられています。iWatchのリリース時期は2014年後半とされており、最近ではアップル社のスマートウォッチに関連する情報が多く飛び交っている。

Sponsored Links