12.9インチの大型iPad、生産体制に遅れが生じる?理由はiPhone 6 Plus

 2015年初頭に登場するとみられている大型iPad「iPad Pro(仮称)」ですが、その生産に遅れが生じる事が判明しました。

大型タブレット「iPad Pro」、生産開始に約1ヵ月の遅れ

 Wall Street Journalが関係筋から手に入れた話として、Appleはこれまで「iPad Pro(仮称)」の生産開始を12月から予定していたものの、大型iPhone「iPhone 6 Plus」の生産台数を優先する事に決めたという。

この為、生産ラインの最優先事項は「iPhone 6 Plus」となり、新型iPhoneモデルの需要に応える計画に変更。「iPad Pro」の生産開始は計画よりも1ヵ月遅らせ、2015年に入ってからになる見込みだという。

また、製造メーカーの台湾・Foxconn社の人員も確保できず、新しいデバイスの生産に入れる状況ではない模様。同メディアではiPad Proの解像度についても情報を手に入れ「2048 x 1536ピクセル」だと報告している。

12.9インチの「iPad Pro」は最近、統合型の新OS搭載や2in1ノートPC仕様だとの情報も挙がっています。

Source・Via:Wall Street Journal

Sponsored Links