Twitterから「#アマゾンポチ」でAmazonから買い物可能!新たなソーシャルEC

 7月11日より、AmazonTwitterは連動サービス「Amazonソーシャルカート」を開始した。利用者はTwitter上から欲しい商品や気になるアイテムをそのまま、Amazonのショッピングカートに追加することができる。

Amazonソーシャルカートは米国などの海外で、「#AmazonCart」として今年5月から提供されていたもの。このたび、日本版が提供されることとなった。

ハッシュタグ「#アマゾンポチ」でリプライ。TwitterからAmazonへ好きな時にいつでも購入可能!

 Amazonソーシャルカートを利用するには、まず専用ページにて、AmazonのマイアカウントとTwitterアカウントを連携させる必要がある。

連携後は、Twitterのタイムライン上で見つけたAmazonの商品URLを含んだツイートをリプライ(返信)、すると自動的に自身のAmazonアカウントの商品カートにリプライした商品が追加されるという仕組み。

なお、商品が追加されると専用のTwitterアカウント(@MyAmazonJP)から、カートの中身を確認するよう促すURLつきのリプライ(返信)がTwitter上で届く。利用方法の流れに関しては、おさらいも予て再度、以下に記載する。


1. 「Amazonソーシャルカート」の専用ページ(www.amazon.co.jp/AmazonSocialCart)にある「利用開始する」ボタンからTwitterアカウントとAmazonアカウントをコネクトします。
2. Twitter上のAmazonの商品リンクを含むツイートに対して、「#アマゾンポチ」のハッシュタグを付けてリプライ(返信)をします。
3. ご自身のAmazonのショッピングカートに商品が自動的に追加されます。
Amazon、Twitterと連動…|Amazon

また、TwitterからAmazonアカウントへ商品を追加後は、商品取り消しをAmazonサービス内でおこなえる。「#アマゾンポチ」に関しては機能的に”商品をカートに入れる”のみなので、気軽に体験できるサービスとなっています。

同サービスではAmazonのアフィリエイト(成果報酬型広告)サービスのアソシエイト・プログラムに対応しており、Twitter経由での紹介料獲得も可能になっている。

Source・Image:amazon.co.jp

Sponsored Links