国外渡航もこれで安心! iPad、SIMフリーモデルが正式に国内販売へ

 iPhoneに続き、iPadも遂にSIMフリーで使える!! 米・アップルは7月1日、アップルストア上にてiPad(Air・mini)のSIMフリーモデルを正式公開した。

もちろん、日本国内でも取り扱いがおこなわれる事となる。今回の動きは、国内の通信キャリア、ソフトバンク、KDDIに続き、NTTドコモもiPadの取り扱いを開始した事に伴っての国内販売となる。

海外利用も可能に。キャリア通信・Wi-Fiモデルを用意

SIMフリーモデル販売により、国内通信キャリアを自由に行き来できるだけでは無く、通信キャリア以外のMVNO系サービスを利用することも可能になります。

旅行などによる海外渡航時にもiPadが使えるようになるのも注目的。なお、iPad以外にもiPhone 5sは既に国内でもSIMフリーモデルが発売済みであるため、iOSユーザーにとっては嬉しい事であるに違い無いと言える。

今回、1日に発表されたiPadのSIMフリーモデルの価格に関しては以下に記載します。なお、各Wi-Fiネットワークと通信キャリアの携帯電話ネットワーク経由でインターネット接続できる「Wi-Fi + キャリアモデル」の価格紹介となります。

▼iPad Air


16GB:6万1800円
32GB:7万1800円
64GB:8万1800円
128GB:9万1800円

▼iPad Retinaディスプレイモデル


16GB:5万800円

▼iPad mini


16GB:4万2800円

▼iPad mini Retinaディスプレイモデル


16GB:5万1800円
32GB:6万1800円
64GB:7万1800円
128GB:8万1800円

また、各Wi-Fiネットワーク経由でインターネット接続する「Wi-Fi モデル」は上記価格から1万3000円を引く価格となっている。

Sponsored Links