YouTuberの認知度、学生7割も会社員は2割、全体では4人に1人が知っている

 国内メディアしらべぇの調査によると、動画共有サイト「YouTube」で活躍する有名人/通称 “YouTuber(ユーチューバー)” を知っている割合は国内で約4割という事が分かりました。

YouTube、日本で「知っている」のは学生7割・会社員2割に

 同メディアでは国内の20代〜60代男女1500名を対象にアンケート調査を実施したとの事で、その結果、全体の4割(39.1%)の人が「知っている」と答えたという。


【img via:しらべぇ

また「知っている」と答えた割合は年代を重ねる程に低くなっており、20代では2人に1人(54.0%)がYouTuberを知っているものの、60代での認知度は24.7%に留まった。

注目点として、20代以上の学生に限定した場合72.7%と非常に高い割合を出したものの、会社員では24.4%と低い結果になった模様です。最近では国内のYouTuberもテレビや企業PRの場でも活躍してきていますので、今後更に認知度が高くなっていく事が予想されています。

なお、しらべぇでは「YouTubeの認知度」に関するアンケート結果の詳細を公開しています。

Source・Via:しらべぇ

Sponsored Links