Android搭載・LTE対応の自動車用バックミラー機器、パイオニアが2014年内に発売へ

 機器メーカーのパイオニアは、Android搭載の自動車用バックミラー機器「バックミラー型テレマティクス端末」を発表しました。

バックミラー型テレマティクス端末」は、5インチディスプレイのバックミラー型デバイス。様々な機能を備え、運転に役立つ情報をバックミラーのサイドなどに表示します。

カーナビやドライブレコーダー・WiFiのアクセスポイントに

 基本操作は音声となり、音声対話機能を搭載。ディスプレイもタッチスクリーンとなっており、AndroidベースのOSを搭載。利用できるアプリはパイオニアが用意したものとなります。(Google Play非対応)

デバイスにはジャイロセンサー・加速度センサー・GNSSを搭載。カーナビと変わらない高精度の位置測位機能を実現し、センサー活用の危険運転検知や、運転支援機能を搭載している。

また、前方となるデバイスの背面側にはカメラが搭載。衝突事故や運転記録を映像として保存できるドライブレコーダー機能も完備されています。

LTEモジュールを搭載し、LTE・WiFi通信をおこなう情報端末のため、インターネットの常時接続を前提としたデバイスであり、利用者は車内をWiFiアクセスポイントとしても活用できる。

なお、同バックミラー型テレマティクス端末パイオニアドコモとの共同開発製品で、ドコモ回線契約者に月額324円の「デバイスプラス300」が提供されます。

発売予定は2014年度中との事で、価格は未定ながら販売価格約4〜5万円程を見込んでいる模様です。提供製品はSIMロックフリーモデルになる事も判明し、パイオニアでは今後、新ためて発売に関する情報発表を計画している。

Source・Via:PioneerPRTimes(Pioneer)

Sponsored Links