Android Wear搭載のASUS製スマートウォッチ「ZenWatch」が発表!価格は約2万8000円

 ASUSTekはIFA 2014 プレスカンファレンスにて、自社初となる腕時計型ウェアラブル端末「ZenWatch」を正式発表しました。

ZenWatchはAndroid Wear搭載のスマートウォッチデバイス。これまでの他社Android Wearと異なり、独自カスタマイズをおこなっています。

「ZenWatch」、独自UIや豊富なウォッチフェイスで約2万8000円

 ASUS製スマートウォッチ「ZenWatch」ではZenUIベースの独自カスタマイズ仕様。100通り以上の組み合わせが可能なウォッチフェイス機能に、ジェスチャーでミュートする「Cover to Mute」や「Remote Camera」などが搭載されています。

本体はステンレス素材を採用し、ゴリラガラス3仕様。リストバンドは着脱仕様で22mmバンドに対応、レザーバンドが付属される。主なスペックは次の通り。


・ディスプレイ:約1.63インチ(320×320)OLED
・CPU:Snapdragon 400 1.2GHzクアッドコア
・メモリ、ストレージ:512MB RAM / 4GB
・バッテリー: 140Wh
・その他:Bluetooth v4.0、9軸センサー(心拍/加速度/ジャイロ/コンパス ete)

ASUSTekでは、ZenWatchは他Android Wear端末に比べ、スワイプなどのタッチ操作がしやすいと説明。なお、価格は€199(約2万8000円)となっています。同デバイスは日本でも発売される見込み。

Source・Via:ASUSTek

Sponsored Links