Apple Watch、S1プロセッサとForce Touch Retinaディスプレイを搭載?

 未だにスペック内容の多くが不明なAppleのスマートウォッチ「Apple Watch」ですが、新たな情報が浮上しています。

「S1」SiPチップと新型の「Force Touch Retinaディスプレイ」

 Phone Arenaが中国経由で手に入れた情報として、Apple Watchには「S1」SiPチップが搭載される見通しとのこと。なお「S1」SiPチップはより高度な集積回路を、より安定した生産プロセスで製造することができ、SoCにも消費電力を抑えられるなどの特徴がある。


【img via:Apple Insider

Appleでは「S1」SiPチップをウェアラブルデバイス向けに設計しApple Watchに組み込む。また、ディスプレイには新型ディスプレイ「Force Touch Retinaディスプレイ」というものが採用されるという。

Force Touch Retinaディスプレイは「タップ操作 / プレス操作」をより安定させることが出来るそうです。この他、Wi-Fi / Bluetooth / NFCなどの各種ワイヤレス通信に対応、ワイヤレスチャージング機能などを備えると見込まれています。

Source・Via:Phone Arena

Sponsored Links