2015年2月に発売見込みのApple Watch、サファイア素材の不足が発売に影響か

 Apple Watch発売は”サファイヤ”素材が鍵を握っている!?

ここ最近の情報では、Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」は2015年1月に生産され、2月のバレンタインシーズンに発売されると伝えられていますが、海外サイトがこれに関係する新たな情報を伝えています。

Apple Watch、発売当初は「品薄状態」が続くかも…?

 海外の情報サイト・9To5Macが中国サイト経由の情報として、Apple Watchで使われる「サファイア」が不足しているという。Apple Watchでは、通常モデルと高級クラスの「Apple Watch Edition」 にこの”サファイア”を使用している。

また、Apple Watchは製品デザインが絶対的に完成した訳では無く、コンポーネントの開発が未終了との情報も挙がっています。今後もソフト・ハードウェアへのアップデートが行なわれる見通しで、サファイヤの不足と共に発売計画に影響するという見方がされています。

つまり、発売当初は比較的長い「品薄状態」が続く可能性があるという事。早い段階でのApple Watch購入を考えている場合、少し気に掛けていた方が良いかもしれませんね…。

Source・Via:9To5Mac

Sponsored Links