Apple共同創設者のウォズ、3年早く「大型iPhone」を出すべきだったと指摘

 Appleの共同創設者であるウォズことスティーブ・ウォズニアック氏は、CNNのインタビュー時に「大型iPhone」に関する見解を語っています。

スティーブ・ウォズニアック氏、大型ディスプレイへの対応を悔やむ

 それによると、同氏は「Appleは3年早くiPhone 6(大型iPhone)を出していれば、今より大きなシェアを獲得出来ていたかもしれない」と述べたという。


【img via:Know Your Mobile

現時点でスマートフォンの世界シェアはSamsungが1位、2位がAppleとなっており、調査会社IDCのレポートでは2014年7〜9月のシェアはSamsungが23.8%、Appleのシェアが12%となっていました。

その為、ウォズニアック氏は大型iPhoneが早く誕生していれば「Samsungと良い勝負ができていただろう」と指摘したそうです。また同氏は「スマートウォッチ製品」についても、ウェアラブル(身につける)デバイスには多くの可能性がある事を以前から考えていた事を語っています。

Source・Via:9To5Mac

Sponsored Links