Apple、新たなTVデバイスは2016年以降に登場か

 Piper Jaffrayの著名なアナリスト・Gene Munster氏は、Appleのテレビデバイスに関する予想を語った。それによると、AppleのTV事業は2016年以降にフェーズアップする可能性がある。

Appleは現在、TVセットトップボックス「Apple TV」を展開しており、アップデートを重ねているもののiPhoneiPadと比べ、大きな取り組みはおこなわれていない。同氏はこのTV事業が2016年以降に動くと見ている。

Appleの優先事項は「Apple Watch」「Apple Pay」

 Apple TV関連では、新デバイス「iTV」が計画されていると以前から噂されていますが、これらに関して、Appleの動きがない事もあり、TV事業は優先された計画ではないと指摘。

まずは今年発表されたウェアラブル端末「Apple Watch」と決算サービス「Apple Pay」の事業に注力すると考えられ、AppleのTV事業が動くとしても2016年以降になると述べた。しかし、CEO(最高経営責任者)のTim Cook氏は、最近のインタビュー番組でテレビについて語っていたという。

それによると、Tim Cook氏は「テレビの視聴体験は1970年代のまま止まっている」と述べ、TV分野への興味を示していた模様。共にApple TVに関しては「テレビ分野に”足を踏み込れた”もの」だと述べたそうです。

Gene Munster氏は、これらの事からAppleの新たなTVデバイス開発の可能性は高くあると見ているものの、実際に計画が始動する事は早くても2年後(2016年以降)。それまではApple Watchなどに注力し、「Siri導入」などApple TVのアップデートが続くだろうと予測を立てています。

Source:CNET

Sponsored Links