Android Wear「iOS対応」などクロスプラットフォーム提供に興味

 GoogleAndroid Wearプロダクトマネージャーを務めるジェフ・チャン氏は、Android Wearの今後に関し、英国版・HuffingtonPostにいくつかの事を述べている。

Android Wear「iOS対応」はゼロではない

 同情報によるとGoogleは他社OS、特にAppleの「iOS」にもAndroid Wearを対応させたい考えがある事を語っており、より多く人にGoogleが提供するサービス(プロダクト)を体験・利用してもらいたいと興味を示しています。

ただ、 iOSに対応させる事は明言しておらず、他社OSを対応させるには様々な問題があり、最大限のサービスを提供できない事も同時に説明している。


【img via:Android headlines

Android Wearは現時点でAndroid OS 4.3以上のスマートフォンでのみ利用する事ができ、今後のiOS対応などは全く不明なところ。ただ、その可能性が必ずしもゼロでは無い事が判明し、現にMicrosoftは近々、AndroidiOSにも対応したスマートウォッチを発表するとの情報が存在。

これらクロスプラットフォームに対応する事は、将来的にAndroid WearApple Watchに期待しても良い可能性もあり、その点で、今後登場予定のMicrosoft製スマートウォッチの動向が鍵を握っていると言えるかもしれません。

Source:HuffingtonPost、Via:Gizmag

Sponsored Links