Androidプラットフォームは統一性重視、デザイン面はメーカーよりGoogle主導

 新たなAndroidプラットフォームとなるスマートウォッチのAndroid Wearに、自動車向けのAuto、ワイドモニター向けのAndroid TV

これらはGoogle I/O 2014でお披露目された新Android構想であるが、デザイン面はGoogleが主権を握っていく事が分かった。Googleは、一貫したユーザエクスペリエンス(UX)を提供したいと考えており、ユーザーは多様化されたデザインを使用することはできない。

Googleはこれまで、Androidスマートフォンやタブレットに関し、極力自由にメーカー側主導でのユーザーインタフェース(UI)を提供することを認めていた。しかし、スマートウォッチの「Wear」や「Auto」、「TV」には、メーカ側の改変を許容しない方針だという。

GoogleのDavid Burke氏(エンジニアリングディレクター)が海外メディアに語ったことで判明した。なお、メーカー側が組み込みたい独自機能などは、一部容認する方針であることも分かっている。

多様性の「Android」から一貫性の「Androidプラットフォーム」

 Googleは、Androidプラットフォームに統一性を持たせることにより、多くのユーザーが新機能を体験しやすくなり、ユーザー体験は更に良いものになると考えている様です。また、より一貫性を持たせることで、Androidが提供するサービス・デバイスは今より安定・安全化したものとなるという。

なお、WearAutoのアップデートに関しても、デバイスを提供するメーカーでは無く、Googleから直接配信し、自動的にアップデートされる仕組みにしたいとも考えている。

そう考えると、確かにAndroid WearのLG G Watch、Gear liveはデザインが似ている印象がする。その中でデバイスを円形状にした「Moto 360」はデザイン性が優れている様に感じることができます。

今後、Androidを採用するメーカー側は、自社の独自性を持たせたビジュアル表現などのブランディングが難しくなる。また、ユーザーもiOSと比べ、多様するAndroidデバイスを選ぶ事は難しくなる事だろう。

しかし、Googleはこの方針に前向きの様です。GoogleはAmazonのようなAndroid OSを極限までカスタマイズし、独自性を持たせたOSを自社デバイスに組み込む企業に対応した訳ではなく、一人でも多くのAndroidユーザーにGoogleのアプローチを最大限、提供できるようになる戦略だという。

Sponsored Links