Android 5.0バージョンのAndroid Wear、ウォッチフェイスなど複数の新機能が追加

 Android 5.0 LollipopバージョンのAndroid Wearに、複数の新機能が追加されている様です。

海外サイトPhandroidでは、Android 5.0 LollipopベースのAndroid Wearに関する機能を紹介しており、ウォッチフェイスのカスタマイズやユーザー補助セクション機能が追加されてたという。

フォントサイズやウォッチフェイス・画面輝度機能などが追加

 Android 5.0バージョンからはスマートフォン等のコンパニオンアプリ経由で、ストレージとバッテリーの使用量閲覧が可能になり、ウォッチフェイスのカスタマイズにも対応しています。

画面輝度のカスタマイズ機能やフォントサイズの拡大 / 色反転 / 拡大鏡が可能になっており、Google Nowのカードや情報データを自由に並び替えできるとのこと。

現時点でAndroid WearはAndroid 4.4ベースの「Android 4.4W.2」ですが、Android 5.0ベースのアップデートも間もなくアナウンスされると思われます。

Source・Via:Phandroid

Sponsored Links