Android 4.4W.2が配信、KitKatベースでGPSサポートや単体での音楽再生に対応

 発売されているAndroid Wearスマートウォッチ「Moto 360」などに、最新のOSバージョンが配信されています。

配信が開始された新バージョンは「Android 4.4W.2」となり、Android 4.4 KitKatベースとなっている。

「Android 4.4W.2」スマートウォッチ端末により最適化

 今回からGPSサポート・単体音楽再生に対応する事ができ、ユーザーインタフェースが若干変更され、チューニングされているという。

また、バッテリー性能が約15%向上する自動的な省電力設定が含まれているとのことです。今回のアップデートでは、よりスマートウォッチ端末に最適化されたOSになっている。

なお、Android Wearは今後、KitKatベースから最新のAndroid 5.0 Lollipopベースと更にアップデートされる見通しです。

Source・Via:Motorola

Sponsored Links