英・テスコ、バーコードスキャンで商品購入するGoogle Glassアプリを開発中

 英国に本社を置くスーパーマーケット・小売チェーン大手のテスコ(Tesco)は、バーコードスキャン機能を活用した「eコマース系Google Glassアプリ」を開発中である事を発表した。

開発をおこなっているのは「TESCO LABS」という部門で、開発中のGoogle Glassアプリは商品のバーコードをスキャンし、商品の詳細確認やオンライン注文が出来るアプリとなる。

グーグルグラスから、商品確認・注文、栄養素情報取得など

 今回、発表に合わせて公開されたイメージ動画では、Google Glassを着用した女性が商品(ミルク)のバーコードをスキャン、商品確認・注文し、宅配サービスで商品が届くという内容になっています。

テスコでは開発中のGoogle Glassアプリで、動画内でのことを実用化するため、開発を進めている。TESCO LABSはメガネ型ウェアラブル端末「Google Glass」を評価しており、これまで数か月以上、Google Glassを使った応用など、研究を行なってきたという。

今後も開発を進め、宅配に関する情報取得・通知機能や、配達ドライバーの顔写真等を表示できる機能を検討している。同社はユーザーが実際に応用でき、活用できるアプリにしていきたいとコメントしています。

テスコが開発する「コマース系Google Glassアプリ」の実用化時期は不明ですが、Google Glassはじめスマートグラスの普及で、近年話題を呼ぶ数時間後・当日配送サービスの普及・市場拡大も早まっていくかもしれません。

Source・Image:Tesco LabsShopping With Glass

Sponsored Links