楽天、エアアジア・ジャパンに出資。共に満足度の高い旅行サービスを提供する

 楽天株式会社は7月1日、兼ねてから報道されていたエアアジア・ジャパンへの出資を発表。楽天はエアアジア・ジャパンへ18%(資本金70億を予定)の出資をおこなう事を正式アナウンスした。

エアアジア・ジャパンは、アジア圏最大の格安航空会社(LCC)エアアジアの子会社で、日本の東京都港区に本社を構えている。

エアアジア・ジャパンと共に、東南アジア地域でトラベル事業を拡大へ

 親会社であるエアアジアは現在、アジア、オーストラリア地域の18カ国208路線を運航している。また、就航開始以来、旅客数は計2億2,000万人ほどに達しているという。

日本市場での航空事業に関しては業績不振により2013年6月に撤退していたが、エアアジア・ジャパンを設立し再参入する形となった。楽天では今後、エアアジア・ジャパンと共に自社の旅行サービス「楽天トラベル」を拡大させていく。

以下、今回の出資に関する楽天の公式プレスリリースページから一部を引用して紹介します。


世界におけるLCC市場は、東南アジアが52%、北米や欧州は30%以上のシェアを持ち、さらなる拡大傾向にあります。欧州では、LCCの成長が航空需要全体の成長をけん引しています。国内のLCC市場は、国内線にLCCが参入した2012年3月から継続的に成長しており、今後もさらなる成長が予測されています。楽天、エアアジア…|楽天株式会社

楽天は自社が運営する国内最大級の総合旅行サイト「楽天トラベル」のサービスを、東南アジア地域を対象に広げていく計画を掲げている。

それと共に、旅行業界をさらに活性化させるためにも、エアアジア・ジャパンとともに、より満足度の高い旅行サービスを提供していくとの事です。

Sponsored Links