イオンスマホ第3弾、防水防塵・有機ELスマートフォン「ARROWS M01」12月5日発売

 格安スマホとも呼ばれる「イオンスマホ」の第3弾スマートフォンモデルが、間もなく登場します。

富士通は、Android 4.4 Kitikat搭載SIMフリースマートフォン「ARROWS M01」を開発し、イオンリテールに提供する事を正式発表しました。

防水・防塵設計、有機EL液晶の第3弾モデル、月額2880円から

 イオンでは「イオンスマホ」第3弾モデルとして初となる日本製端末として、12月5日より全国の店舗で発売を開始する。

これまでの提供スマートフォンモデルとは異なり、防水・防塵設計で有機ELディスプレイを採用しています。主なスペック内容は次の通り。


・ディスプレイ:4.5インチHD(720×1280)有機EL
・CPU:MSM8926 1.2GHz クアッドコア
・カメラ:背面800万画画素、前面130万画素
・メモリ/ストレージ:1GB RAM/8GB ROM
・バッテリー:2500mAh
・サイズ:約138×67×10.9mm、約153g
・通信:Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n、Bluetooth4.0、NFC
・OS:Android 4.4 KitKat

対応するモバイル通信は3G(2GHz/800MHz)、LTE(2GHz/1.8GHz/1.5GHz/800MHz)最大150Mbps、日本語入力システム「ATOK」がプリインストールされ、これまでの「イオンスマホ」との差別化を図ったモデルとなっている。

本体価格は3万6720円で、24回分割払いの場合は月額1530円、通信サービス料1350円込みで月額2880円+通話料から利用できます。

Source・Via:ARROWS M01 – 富士通

Sponsored Links