Evernote、Androidアプリ最新バージョンにMaterial Designを全面採用!新機能も

 世界中で愛用されているノート作成サービス「Evernote」が、Androidアプリの新バージョン 6.0を提供しています。

バージョン6.0からはGoogleが推進する次世代型UIデザイン「Material Design」を初採用している。

Material Designを全面採用し、新機能も追加

 Material Designを採用したEvernote バージョン6.0は、以前よりも直感的な操作感を意識した作りとなっており、利用者はアプリをそのまま、直感的な感覚で使えるだろうとコメントしています。

Material DesignGoogleいわく、ユーザーに自然的で馴染みやすいデザインであるとの事ですので、それを実装したものとなっている。また、UIデザイン変更に伴い、サイド・ナビゲーションバーもリスト構成に変更。

「新規作成」が新たに追加され、「テキスト」「カメラ」「リマインダー」「音声」「手書き」が選択可能になった。アプリ初心者でもノート作成の手順がより簡単になったと言える事でしょう。

編集エディター部分もツールが再整理。ピンチズームによる拡大・縮小操作に対応し、図形の自動認識・補正機能も追加されています。

メイン機能のひとつでもあった「Evernoteに保存」は「Webクリッパー」という機能に変更され、画面全体を保存可能になった他、タグ・ノートブックの指定保存にも対応しました。

【Evernote(Android)ダウンロードはこちらから ▶ Evernote – Google Play

Source・Via:Evernote

Sponsored Links