数年後のiPhoneにはフレキシブルディスプレイを採用?

フレキシブルデザインの「iPhone」がいつか登場するかも…。

Appleが新たに申請した特許が発見されており、そこには「フレキシブルディスプレイ技術を採用したiPhone」の特許図が確認されています。

将来のiPhone「AMOLED/フレキシブル技術」を採用か

 確認された特許図は計2つで、iPhoneらしきモバイル端末が大きく湾曲している特許図となっています。これらの情報を元に海外メディアでは、数年後に「フレキシブルデザイン」を採用したiPhoneが登場すると伝えています。

海外メディアPocket-lint曰く、数年後のiPhoneは「ブレスレットのように手首に装着できる」可能性があり、スマートウォッチ等のウェアラブルとスマートフォンがひとつになる可能性があるという。

また、特許ではiPhone製造に関して「プラスチック/薄いガラス素材/繊維複合素材を使用する」と記載されている事が確認されており、「AMOLED」ディスプレイが採用される可能性もより一段高いものとなっています。

Source・Via:Pocket-lint

Sponsored Links