「Galaxy Note 4」SONY製イメージセンサを採用し自分撮り(Selfie)機能に注力

 Sam Mobileが未発表スマートフォン「Galaxy Note 4」の機能面について、新たな情報をリークしています。

Galaxy Note 4は、9月3日に正式発表を迎えるSamsung社最新の大型スマートフォンモデルです。

「Side Touch」センサーにカメラの新機能も

 Galaxy Note 4の背面カメラにはSONY製のイメージセンサ「1600万画素裏面照射型CMOS(IMS240)」を採用している事が判明。前面カメラは370万画素で、WQHDクラス(2560×1440)の動画撮影が可能だそうです。

SONY製の「 1600万画素裏面照射型CMOS(IMS240)」では、4K (3840×2160 )30fps(30フレーム/秒数)の動画撮影がおこなえ、OIS(光学手ブレ補正機能)に対応。

若者が好む自分撮り(Selfie)機能にも注力した作りになっており、自分撮りを広角撮影できる「Wide Selfie」や、スマイルやウィンクの動作で撮影される「Selfie」モード、顔認識機能を応用したナビゲートモードの「Selfie Alarm」が搭載。

この他、撮影した画像をアニメーションGIF化できる「Create A GIF File」というカメラモードが備わっているそうです。カメラ機能ではジェスチャーセンサや顔認証機能が積極的に利用されており、「Side Touch」センサーと呼ばれるタッチ式ボタンがあるという。

また、スリープモードから瞬時にカメラ起動ができるるジェスチャー機能など、様々なサポート機能が搭載されているといいます。

Source:SamMobile

Sponsored Links