Apple ディスプレイ型PC「iMac」、 21.5インチの廉価モデルを追加発表

 6月18日(現地時間)、米・アップルは一体型のディスプレイPC「iMac」に、廉価版のエントリーモデルを追加し発表しました。

廉価版の希望小売価格は1099ドル(日本国内では10万8800円)からで、従来式のモデルより値段を200ドル(約2万円程)下げています。

今回発表された廉価版モデルの主なスペック情報は以下となります。


・動作周波数1.4GHz(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)・米Intel製「Core i5」
・デュアルコアプロセッサ – Intel製「HD 5000」
・8GBのメモリー、500GBのハードディスクドライブ(HDD)搭載。

・Wi-Fi規格はIEEE 802.11ac、2基のThunderboltポート、USB 3.0ポートは4基。
・クリエイティブソフトスイート「iLife」、オフィススイート「iWork」などが付属。
・オプションに、1TBのHDD、1TBのFusion Drive(フラッシュとHDD)、最大256GBのフラッシュストレージが用意。

廉価版は現行モデルと比べ、ハードドライブの容量が約半分、プロセッサーも処理能力が遅いものとなっている。また、従来モデルとは違うグラフィックス・チップを使用しているとの事です。

18日同日からAppleのオンラインストア、直営店、一部の正規販売店などで販売が開始されています。

Sponsored Links