Samsung「GALAXY Note 4」の実機画像が相次いでリーク!超狭ベゼル設計に

 9月3日の正式発表を前に、Samsungの最新フラッグシップモデル「GALAXY Note 4」実機画像が相次いでリークされています。

今回、相次いでリークされた「GALAXY Note 4」の実機画像ではメタルフレーム採用、超狭ベゼル設計、付属のS Penが確認できます。

「GALAXY Note 4」メタルフレーム採用・超狭ベゼル設計・S Penが同梱

 金属素材によるメタルフレームは以前から噂されていました。前回モデル「Galaxy Note 3」と比べると若干、フラットなデバイス設計になっており、ディスプレイ幅も超狭ベゼル設計を実現しています。

カメラ横には、LEDフラッシュと共にリークされていた心拍センサーらしきものもしっかり確認できる。また、新たな画像では付属される「S Pen」の画像も掲載。主なスペックは次の通り。


・ディスプレイ:5.7インチ 2560 x 1440 Super AMOLED
・プロセッサ:Exynos 5433 Octa / Snapdragon 805 2.5GHzクアッドコア
・RAM:3GB
・ストレージ:32GB + microSD
・カメラ:16MP OIS / 3.7MP
・その他:IP67 防水防塵、心拍モニター、指紋認証、(紫外線センサ?・網膜認証?)

Galaxy Note 3と比べると、スマートフォンデバイス・S Penともにスクエア調なデザイン採用となっている。現時点でSamsung社は今年9月に別モデルの「Galaxy Alpha」と共にApple・iPhone 6を迎え撃つという見方があります。

また、Galaxy Note 4では指紋認証・心拍センサーと共に、ヘルスケア関連の紫外線センサ搭載。次世代機能の「網膜認証機能」を搭載するとの情報もありました。ここに来て、9月3日の正式発表が非常に楽しみになってきましたね…!

Source・Image:GSMArenaPhone Arena

Sponsored Links