64bit対応8コアプロセッサの「HTC Desire 820」が正式発表!9色展開で9月末に発売

 台湾メーカーのHTCは、IFA 2014にて新型スマートフォンモデル「HTC Desire 820」を正式発表しました。

HTC Desire 820は、DesireファミリーモデルでQualcomm 64bit対応の8コアプロセッサを搭載したスマートフォンです。

前回モデルからプロセッサをアップグレード、自分撮りにも

 Desire 820は前回モデル「Desire 816」からプロセッサをアップグレード。フロントカメラにも注力した自分撮り特化スマートフォンに分類されます。

ディスプレイサイズは5.5インチ。LTE Cat 4対応のミッドレンジモデルで、SIMカードスロットが2つあるデュアルSIMモデルが用意。主なスペックは以下。


・ディスプレイ:5.5 インチ(1280×720)IPS 液晶
・CPU: Snapdragon 615 MSM8939 1.5GHz オクタコア
・メモリ、ストレージ:2GB RAM / 16GB(microSDカード最大128GB)
・カメラ:背面1300万画素(BSI、F2.2 / 28mmレンズ、フル HD動画撮影)、800万画素(BSI、AF、フル HD動画撮影)
・バッテリー:2600mAh
・サイズ、質量:157.7 x 78.74 x 7.74mm、155g
・OS:Android 4.4.4 KitKat
・通信、その他: Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA、GPS/GLONASS、GSM/WCDMA/TD-SCDMA/LTE

搭載されたSnapdragon 615 MSM8939は、ARMv8対応のARM Cortex-A53(1.5GHz×4+1.0GHz×4)、デュアルクアッドコアCPU、Adreno 405採用 28nmプロセッサとなる。

この他、自分撮り特化のメイクアップ機能「Live Makeup」やシーン作成機能「Photo Booth」が追加。カラーバリエーションはツートンカラーのユニボディー含め合計9色。今年9月末の発売を予定してます。

Source・Via:HTC

Sponsored Links