2014年12月3日水曜日

米国のストリーミング市場、Chromecastが大きくシェアを獲得、Amazon Fire TVも好調

2014年度の米国・ストリーミングデバイス市場はGoogleが大幅にシェアを獲得...!

Parks Associatesは、2014年度のストリーミングメディアデバイス・米国内シェアを調査し、その結果を公表しました。

Chromecastが大幅にシェアを獲得、Amazonも猛追

 まず、調査結果で判明した点として、米国のインターネット接続が可能な家庭全体の約10%がストリーミングデバイスを購入していた事が分かった。

2014年度の購入率はストリーミングデバイスの王者ROKUが1位を獲得したものの、シェア度を前年から29%下げ、一方のGoogleのスティック型ストリーミングデバイス「Chromecast」は大幅にシェアを伸ばし2位(20%)を獲得。Apple TVは3位(17%)となりました。
【img via:Parks Associates
また、ROKUApple TVがシェアを下げた要因として「Chromecast」と共に4位(10%)まで急浮上したAmazonのセットトップボックス「Fire TV」の名も挙がっています。

これらに加え、Amazonが最近発売したばかりのスティック型ストリーミングデバイス「Fire TV Stick」も米国で欠品状態となっており、人気を託しています。

Source・Via:Parks Associates
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~