2014年12月19日金曜日

国内向けの海外ネット配信コンテンツに消費税を課税、2015年10月を視野

Amazon Kindleや楽天Koboコンテンツにも消費税が課税へ...。

日本の政府与党は今後、2015年度税制改正大綱に海外業者への課税を盛り込む予定であることが分かり、それによると年明けの通常国会に消費税法改正案を提出する方針だという。

Amazonなど、海外勢の日本向け電子書籍・音楽サービスに影響

 これにより、2015年10月1日から海外に本社を置くインターネット業者からの国内向け電子コンテンツに新たな消費税が課税されることになる。
【img via:KOTB
電子コンテンツは電子書籍や音楽データなどとなり、主にAmazonの電子書籍サービスやカナダに本社を置く楽天Kobo(楽天傘下)のコンテンツなどが対象となります。

これらの方針は、海外業者からの電子データ配信が課税対象外であった為、国内の書店などから不公平との指摘を受けての取り組みになっているとの事です。
Source・Via:Yomiuri
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、国内外の最新情報をお届け中!フォローして更新情報を受け取ろう

[PR]ピックアップ・おすすめ情報

国内430万人超が使っている月額500円の見放題・動画配信サービス!9万以上のコンテンツをPC・タブレット・スマートフォンは勿論。Chromecast、Apple TVから楽しめる。
【dビデオ powered by BeeTV】
映画・ドラマ・アニメなどの動画が最新作から名作まで!電子書籍も読め、スマホで550ch以上の音楽放送も!PC・スマートフォン・タブレット・テレビに対応!
U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~